キャッシング

信用で成り立っているキャッシング契約

キャッシングの審査は信用情報をもとにして行われる

お金に困ってしまったときに申し込みを行なうキャッシング。借りられるかどうかの審査結果は申し込みをした方なら誰もが気になるところですが、審査はどのようにして行われているのかを知っておくと気も少しは楽になるというものです。さすがに各社の審査基準までは分かりませんが、審査で見ているポイントであれば各社とも大体は共通しているので分かります。それは「信用情報」です。

 

 

キャッシングの審査で見られる信用情報とは、消費者金融や信販会社が加盟する信用情報機関に登録されている過去のクレジット利用状況のことです。どこからいくら借りて、どのように返済をしているのか、大きな遅れなどの事故情報は無いか、最近の申し込み履歴はなどが一目で分かるようになっています。有名なところではJICCやCICが挙げられ、大手の消費者金融の審査ではこの二つの信用情報をメインとしてOKかNGかの判断が下されます。


 

信用情報機関に登録される情報は、例えばCICであれば返済の大きな遅れ、債務整理や自己破産といった事故情報は5年を超えない期間は残ることになるので、事故を起こしてしまうと非常に長い期間に渡って情報が残り続けることになるのです。事故情報が記載されていると審査に通ることは非常に難しく、クレジットカードの作成もキャッシングの審査も絶望的となってしまうのです。

 

審査に通るためには信用情報に問題が無いことが絶対条件

大手の業者で借り入れや契約をしたいのであれば、信用情報機関に事故情報が無いことが最低限の条件となります。直近での返済の遅れや不足の頻発もやはり審査においては悪影響を与えますが、返済の大きな遅れを示す「異動」登録に比べればまだマシな方です。「異動」が書かれていると審査は非常に厳しくなってしまいます。

 

信用情報は個人でも開示手続きをすることが出来ます。少しの費用で簡単に行うことができるので、審査に落ちてしまって原因が分からないという方は一度開示手続きをしてみるというのも悪くないかもしれません。ただ、開示をしすぎるとそれはそれでマイナスになりますので、一度開示をしたら半年ぐらいはあけておいた方が良いでしょう。

 

信用情報に問題が無ければ年収によって借り入れ金額が決まる

最近の審査はプロミスも採用しているようなコンピュータによる自動審査がメインとなっています。いくつもの項目を信用情報機関で照会した情報でスコア付けをし、一定値以下の場合は審査落ち、一定以上となれば第一段階をクリアということになります。第一段階を通過するというのはよくある申し込み後の画面上に即審査結果が表示されるようなもので、もちろんこの画面ではまだ審査が完全にOKとなっているわけではないので、限度額が決定されることはありません。

 

年収や個人情報をもとに限度額を決定

勤務状況、年収やそのほかの項目を人の目で確認し、限度額が決定されます。消費者金融での借り入れについては一部例外を除いて年収の3分の1以上の借り入れは出来ませんので、年収が450万円の方では150万円の借り入れまでしか出来ないことになります。もちろん審査では年収の3分の1を超えていないかどうかも見られるので、返済状況に問題がないとしても、もし現在の借り入れ総額が3分の1を超えているようだと審査結果はNGとなることがほとんどです。

 

審査に通るためには信用情報をクリーンにしておくことが最も重要

一流企業の役員クラスでもなければ、年収が例え1,000万円を超えるような方でも信用情報にネガティブ要素が記載されていると審査は通らないことがほとんどです。一応スマートフォンの割賦払いもクレジット扱いなので、しっかりと支払いを続けていれば信用情報にプラスに働きます。場合によっては遠い過去に異動があっても直近の支払い状況がよければ審査に通る可能性もありますが、基本的には厳しいと思っておきましょう。

 

キャッシングやクレジットカードの審査に通るためには、年収云々よりもまずは信用情報なのです。各社とも一定の審査基準である程度は機械的に審査を行わないと例外が出てきて審査のライン自体が曖昧になってしまうので、信用情報を最優先とし、よほどのことが無い限りは覆らないようになっているわけです。審査に通りたいのであれば信用情報を汚さないことが重要で、今後の人生でいつ信用情報が絡む審査をするかも分かりません。そのため、いつでも審査をパスできるように返済の遅れなどはしないようにし、信用情報をクリーンな状態に保つ必要があるのです。

 

返済の遅れは確かにマイナス要素となりますが、だからといって返済のために借り入れをすることはおすすめできません。結局、2社の返済となると今まで以上に厳しくなるので、返済が更に遅れがちになることも考えられるでしょう。返済のための借り入れを繰り返すと手に負えない多重債務となることもあります。そうなってからでは遅いので、キャッシングやクレジットカードの利用は計画的に、無理なく返せる範囲で利用するようにしなければなりません。

 

どうしても返済が厳しい場合には

借り入れ件数が増えてしまって返済が厳しくなってきた場合は、そのままにしてブラックになる前に、まだ返済が一応は出来ているうちにおまとめの検討をしてみると良いでしょう。借り入れを1社にまとめるおまとめであれば返済も楽になりますので、ブラックにならずに完済を目指すことも可能となるでしょう。